だから私は自分自身に考えました:
松本さんがルーマニアに来たら?

だから、みんなに私の国を少し味わってもらいたい。また、
「Gaki No Tsukai」には、いくつかの文化的な言及をショーに掲載したいと思っています。
それ以上の紹介なしに、ここに私の2つの円です。


プラス、私は日本人ではありませんが、私はあなたの国を愛しています。皆さんも私の国を愛することを願っています。

ルーマニアの文化
こんにちわ!

私は、文化が素晴らしいと刺激的であることを教えるつもりです。

王子と竜の息子の物語

第1章

説明. 今日の話は: Mihai Viteazu (Mihai 勇敢な) と吸血鬼 (ドラキュラ)



ミハイはワラキアの王子だった. 1593で生まれ、1601で死亡, しかし、彼の人生は彼の死についてではなく、彼が住んでいた方法だった。ミハイは私達の最も貴重な名前の1つである - 彼は英雄だったので!

ミハイが国家の君主になる前に全国民は全然国家ではなかった。実際にはちょうど日本のように戦国時代にあった。 危険な時期だった。

王子の最初の戦いはCălugăreniの戦いだった。
Călugăreniの戦いは歴史上非常に重要な瞬間でした。この瞬間がルーマニアとヨーロッパの運命を決める。オスマン帝国がルーマニアに入国した場合、洪水門が開かれ、ヨーロッパが包囲されていたであろう。

勇敢な王子の話をする前に、歴史と背景を知る必要があります。

そして今、私たちの物語に戻る

私達の前の物語で: 私達はミハイの生れについて話した. 今、私たちは、ミハイという名前の王子がどのように重要かについて話します.

そして、何が王子のミハイ後に続いていた....

17世紀
当初はオスマン帝国の支援を利用して、1593年にミハイ勇敢公(Mihai Viteazu)がワラキア公位についた。ミハイはトランシルヴァニア公バートリ・ジグモンドとモルダヴィア公アロン・ヴォダ(Aron Vodă)と同盟を結んだ上、ドナウの南北岸でムラト3世軍を攻撃した(カルガレニの戦い)。ミハイはやがて神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の臣下に入り、1599年から1600年にはポーランド・リトアニア共和国時代のポーランド王ジグムント3世に対抗してトランシルヴァニアに干渉し、トランシルヴァニアをミハイの支配下に置いた。ミハイの支配は短かったものの、翌年にはモルダヴィアへ拡大した 。短期間ながらミハイはルーマニア人の住む全地域を統合し、古代ダキア王国の主要部を再興した。ミハイの没落につれて、ワラキアはシミオン・モヴィラ率いるポーランド=モルダヴィア連合軍に占領された(モルダヴィア・マグナート戦争Razboiul Moldov)。モヴィラによる占領は1602年まで続いたが、同年にはトルコ系のノガイ人による攻撃を受けた。

オスマン帝国の拡大における最終局面では、ワラキアの緊張が増大した。政治支配に続き、オスマン帝国が経済的主導権を握り、首都であったトゥルゴヴィシュテが見捨てられブカレストが選ばれた(ブカレストはオスマン帝国との国境に近く、貿易中心地として急速に成長していた)。ミハイ勇敢公治下では荘園での収入増加策として農奴制が確立され、下級ボイェリらの重要性は薄れた(消滅を恐れた下級ボイェリらは1655年にセイメニの乱を起こした) 。その上、土地所有よりも高位官職に任命される重要度が増したことから、金で官位を買うべくギリシャ人とレバント人にすりより、これら一族の流入をもたらすことになった(ファナリオティスを参照。ギリシャ人らはワラキア人と同じ正教会信徒であり、金融業を営んでいたため富裕であった)。この過程は既に17世紀初頭のラドゥ・ミフネア公時代に地元ボイェリによって不快に思われていた 。ボイェリによって任命されたマテイ・バサラブは、1653年のフィンタの戦い(Battle of Finta。モルダヴィア公ヴァシレ・ルプを打ち負かした)を除けば、ワラキア公として比較的長い平和な時代をもたらした(1632年-1654年)。フィンタの戦いの後にルプが公位を追われ、マテイ公の息のかかったゲオルゲ・シュテファンがヤシでモルダヴィア公位についた。ゲオルゲ・シュテファン公と、マテイの後継であるコンスタンティン・シェルバンの密接な同盟関係は、トランシルヴァニアの支配者ラーコーツィー・ジョルジ2世によって維持された。しかし、オスマン支配から独立するための3公国の計画は、1658年から1659年にかけ襲ったメフメト4世軍に打ち破られた。スルタンのお気に入りであったグリゴレ1世ギカとゲオルゲ・ギカの統治は、そのような反抗を未然に打ち砕くためのものであった。しかし、それが、ボイェリであるバレアヌ家(Băleanu)とカンタクジノ家(ギリシャ人に始まるファナリオティスの家柄)との間の血なまぐさい衝突の引き金となった。この抗争は1680年代までワラキア史上の大事件であった。カンタクジノ家は、同盟を結んでいたバレアヌ家とギカ家に脅かされ、まずアントニエ・ヴォダやゲオルゲ・ドゥカといったカンタクジノ家が選んだワラキア公を後援し、後には同族からワラキア公を出した。それが1678年から10年間ワラキア公であったシェルバン・カンタクジノである。シェルバンはブカレストに公国初の学校を創立し、各種の活字印刷機の導入に同意した。シェルバンはルーマニア・キリル文字で書かれたルーマニア語訳聖書(通称カンタクジノ聖書)の編纂も命じた。この聖書はその後長きに渡ってルーマニア正教会で用いられた。

そういうわけで、私たちの勇敢な王子様の生き方です。 常に私たちのために自分自身を犠牲にして喜んで。

彼は私たちが誇りに思って愛する国を作りました。

しかし、彼の話は最初ではなかった!

次の話は: 王子と吸血鬼 第3章

一 つづく
email me at:
Madalin@rentforcomfort.com